女性

眼瞼下垂で誰もが羨む瞳に|笑顔に自信が溢れるように

憧れの小顔になれる

注射を持つ女性

エラボトックス注射はボトックスという筋肉の働きを弱める毒素を注入することで顔のエラを目立たなくさせるプチ整形です。整形手術と異なって手軽に改善できます。3週間程度経過してから徐々に効果が表れてきて半年間程度持続します。

詳細を確認する

上まぶたが垂れ下がる

カウンセリング

目の酷使でも起きる

上まぶたが垂れ下がって、目が開きにくくなる症状が眼瞼下垂です。まぶたを持ち上げる眼瞼挙筋という筋肉や、動眼神経という神経の異常が原因です。先天性の場合が多いと言われていますが、加齢やコンタクトレンズの使用のほか、パソコンやスマートフォンで目を酷使した場合にも起きることがあります。眼瞼下垂になると物が見えにくくなり、無理にまぶたを開こうとするため、頭痛や肩こりの原因になったり、額に深いシワが寄ったりします。目が細く、眠そうに見られるのも特徴です。眼瞼下垂を治療すればパッチリした目になるだけでなく、肩こりが解消したり、シワが取れて若返り効果を実感できたりします。治療は主として手術によって行ないます。

筋肉を再固定

まぶたの周囲には瞼板という軟骨があり、まぶたを動かす筋肉が固定されています。眼瞼下垂を治療するには眼瞼挙筋などの筋肉を瞼板から剥がし、固定しなおす手術を行ないます。まぶたを切開して手術するのが一般的ですが、メスを入れずにまぶたの裏側から筋肉を縫い縮める方法もあります。この方法は表面には傷跡が残らないため人気があります。眼瞼下垂の手術はたいてい30分ほどで終わりますが、大きな腫れは1〜2週間ほど続きます。なお年齢とともにまぶたが下がってきた場合は、眼瞼下垂ではなく皮膚のたるみが原因である可能性があります。そのときは適切な治療法が異なるので、信頼できるクリニックで正確な診断を受けることが大切です。

病気ではないが改善が必要

医師

しわは病気ではありませんが、精神的ストレスがたまることもあり対策治療が必要です。美容皮膚科では、レチノイン酸を配合した外用薬を処方してもらうことが出来ます。これは肌の再生を促す薬です。また、酸によるピーリング治療もあります。酸によって肌表面をはがす治療後は紫外線を受けやすいため対策が必要です。

詳細を確認する

5歳は若返る

婦人

切らないリフトアップが可能なものがスプリングスレッドです。突起が付いたバネ状の糸をたるんだ箇所へと注射で挿入します。突起がしっかりつかみ縮む作用で組織を引き締め、適度な刺激でコラーゲンの生成も促すのです。

詳細を確認する