病気ではないが改善が必要|眼瞼下垂で誰もが羨む瞳に|笑顔に自信が溢れるように
レディ

眼瞼下垂で誰もが羨む瞳に|笑顔に自信が溢れるように

病気ではないが改善が必要

医師

薬で治すことも可能

しわがあるからといって、直接的に病気になることはありません。しかししわの有無で見た目の印象は大きく変わり、それが原因で精神的なストレスなどに陥る場合もあり、外出すらままならないということにもなりかねません。そこで日々を明るく生きていくためには、しわの対策や治療は必要なものなのです。一般的には、しわの対策などは美容行為となり、治療は美容皮膚科で行われます。美容皮膚科といっても、診察は専門の医師となりますから安心して受診するといいでしょう。しわ対策として使用されている外用薬もあります。レチノイン酸と呼ばれるビタミンAを配合してあるもので、肌のターンオーバーを促し、張りのある肌に生まれ変わらせる目的があります。ただし、海外では広く知られている薬剤ですが、日本ではまだ認証されていないために、美容皮膚科医師の独自の処方によって生成されるオリジナル処方となります。また美容皮膚科では、ケミカルピーリングと呼ばれる皮膚表面を酸の力ではがす治療もあります。しわの対策治療というと、注射やレーザーといった治療法が有名ですが、このように薬による治療法もあるのです。

副作用や濃度に注意

外用薬のレチノイン酸は、その効果の高さから海外ではとても人気があります。肌の奥深く真皮層にまで働きかけることが出来、コラーゲンなどの生成も同時に促す効果もあることから、アンチエイジング効果が期待できる薬剤なのです。しかし、効果が高いということは副作用の懸念もあります。刺激性のある薬剤なので、皮膚が赤くなったり薄皮がむけたりといった症状が起きることもあります。そのために、医師とよく相談して、レチノイン酸の配合量を調整する必要があります。また、ケミカルピーリングは酸を使いますが、酸でも濃度やphによって強さが変わります。同じものを使ってもその反応は人によって異なり、色白の人が使うと色素沈着を起こすこともあります。信頼のおける医師の下で治療を行うようにしましょう。またピーリング後は紫外線を吸収しやすいので、日焼け止め対策は十分にする必要があります。